「茜空に願ふ」の歌詞 薄桜鬼 碧血録 ED mao

2010/10/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あかねさす夕陽ゆうひらす横顔よこがおつめ
そっとねがゆるそらときめていて

かなしみを背負せおいて直向ひたむきすす貴方あなた
かなうならばいかけてゆきたい けわしきこのみち

とおとおながるるくも
たとえいまはかなくとも
そばたい
このこころめゆく永久とこしへだから
きずなだけしんじて

言問へば泪こととえばなみだあふれてしまふがして
そら見上みあだまってゐた 夕闇ゆうやみなか

もしどんな運命さだめふともやみはしない
いとし御胸添みむねそへる夢見ゆめみいてゆけるのなら

あわあわえゆくそら
季節ときすべへても
此処ここます
このこころきしあい永遠とわきしめ
この命果いのちはてても

日暮ひぐれのそらとりたちが
うちへとかえやまえて
あゝああ わたしも どんなときにも
貴方あなたかえ場所ばしょになろう・・・

とおとおながるるくも
たとえいまはかなくとも
そばたい
このこころめゆく永久とこしへ

あわあわえゆくそら
季節ときすべへても
此処ここます
このこころきしあい永遠とわきしめ
悠久ゆうきゅうてまで