「サヨナラは言わなかった feat.光永亮太」の歌詞 mihimaru GT,光永亮太

2010/2/24 リリース
作詞
Ryota Mitsunaga,hiroko,mitsuyuki miyake
作曲
Shinichiro Murayama
文字サイズ
よみがな
hidden
サヨナラはわなかった
もうもどれないけど
いつのか「ありがとう」って
こころからえますように

突然とつぜん きみはいなくなった 合鍵あいかぎテーブルにのこして
裸足はだしのまま 部屋飛へやとした いきらしてきみさがした

ふたつならんだブラシも ふたりならんでった写真しゃしん
ふたり背伸せのびしてったリングも りにしたままで…

いつしかつなぐことさえぼくわすれてしまってた
返事へんじないメールなんてもうおくりたくないよ

サヨナラはわなかった
もうもどれないけど
いたわらった
いまはそっと「おやすみ」

きみ幾度目いくどめふゆ 日増ひましに二人増ふたりますエゴイズム
すれちがうリズム もうきたとわれた屁理屈へりくつ
あいじょうはなじょうしかないなんてきみはな
最低さいていわかっていた あいかた わすれていた

まもれなかった約束やくそく かぞえればキリがなくて
ためいきかわいたこのくちびるを ギュッとめた

たまにはなせば 空返事からへんじばっかで
一緒いっしょにいても ひとりのようで
背中見せなかみつめて ねむるベッドは
かなしくて So Lonely
I cried and cried alone...

サヨナラはわなかった
もうもどれないけど
ゆるしてね これが最後さいご
わたしのワガママを

だけどあいえたことは
無駄むだじゃないよね きっと

さむがるちいさなからだ
なぜきしめなかったんだろう…

いたやさしさより
きとってほしかった
った始発しはつ電車でんしゃ
なぜかあふれたなみだ

サヨナラをえばよかった
もうもどれないから
いつのか「ありがとう」って
こころからえますようように

まだくら午前5時ごぜんごじ きみ僕寝ぼくねてるのに
いたところにあるメモリー はらあるえきほう
無関心むかんしん安心あんしんかんわけだらけの半信半疑はんしんはんぎ
最後さいごつよがりえるなら ってしかった「サヨナラ」