1. ウソツキ種歌詞

「ウソツキ種」の歌詞 misono

2010/6/30 リリース
作詞
misono
作曲
野口耕一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
芽生めばえた愛情あいじょう ゆっくり大事だいじそだててきたのに
それはないんじゃない?
っこもたくさん しっかりえて つよいたきずな

あれはなんだったの?

じゃあ最後さいごひとうけど
うたがしたらキリがない」かなしいじゃん

うそつき!責任せきにんちゃんととったらどう?
うそつき!自分じぶんでまいたたねでしょ?
大嫌だいきらい!しんじてきたバカな自分じぶんも?
大好だいすきだった!“わたししあわせ”たしかにそこにあった

なにらないほうしあわせだった」って?
「それならもっとはやっておきたかった」って?
ほったらかしていても どんどんそだっていって
あとはれるだけを ただつしかないだなんて

じゃあ最後さいごひとかせて
「あれも?これは?それだけは本当ほんとうだった?」

しんじているから」と暗示あんじかける
うそ”だってうたがわなければ→“本当ほんとう”に
真実しんじつ”もしんじてくんなきゃ→“うそ”にわる
言葉ことばくちにするのも くのもこわくなってしまった

あの そんなわたし最後さいごひともとめたのは→きみ言葉ことばだった

しんじて!結果けっかでなくてもしんじたい!
しんじて!根拠こんきょはないけどしんじたい!
しんじて!証拠しょうこがなくても「しんじたい」とおもうだけでいいんだ

見返みかえりなんてもとめないで

しんじてもらえるひとがいるだけで
いたみもよわさも不安ふあんえてく
しんじてもらえる要素りゆういまはなくっても
裏切うらぎられたとしても トラウマになっても また

つたえて とどけて あいして しんじて って 何度なんどだって
ウソツキ
ダイキライ
大好だいすき」