1. 二人三脚歌詞

「二人三脚」の歌詞 misono

2008/6/25 リリース
作詞
misono
作曲
清水昭男
文字サイズ
よみがな
hidden
りのクツのように どんなとき一緒いっしょだった
いつもいていたらすぐにくろになり…
その度洗たびあらえばキレイになるけど その分早ぶんはやくダメになって
いまけなくなってしまった

ほかのクツをいてみて
はじめてそのクツの心地ごこちさがわかったんだ やっと

きみわりなんていないから
このさきにあったきみ使つか予定はずだった時間じかん
なにかあればきみくらべたり、すぐにおもせるうちは
どうしてもうまらない うめられない

きみうしないたくなかった それはたし
なのにどうしてあんなウソをついたんだろう?Ahアー ゴメンネ
当時とうじはこれがベストだっておもった ぼく間違まちがいだった?
きみをすごくきずつけてしまった

こころは‘ぼくにくれたきみ言葉ことばいろんな表情ひょうじょう
からだいまでも‘やさしさ’おぼえてる

きみかなしむかおがくっきりと
想像そうぞうできてしまう まるで昨日きのうのことかのように
それは‘きみのことをよくってるこのぼく特権とっけん’が
裏目うらめにでて 後悔こうかいぼくをせめる

時間じかん解決かいけつしてくれるって? どんどんカベつくるくせに!
やっぱきみじゃなきゃダメで
あのころ関係ふたりにはもうもどれない もう一度いちどやりなおすより
今新いまあたらしく、らしくはじめればいい

最高さいこうのパートナー 大切たいせつなパートナー
いつまでもパートナー わらずにパートナー