「夢幻期限」の歌詞 misono

2008/1/30 リリース
作詞
misono
作曲
藤井敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
もしこの地球ホシに 'ウソなどつけなくなる魔法まほう'がかけられたとして
真実しんじつだけがとりのこされたならシアワセはいまよりどんくらいえる?

永遠えいえんだけが真実しんじつというなら
現実げんじつゆめ狭間はざま ココにも アッチにもないし
二人ふたりごした23年間にじゅうさんねんかんを「永遠えいえん」とばせて
きみんで

ユメのよう もうれられない
あのやさしさも 笑顔えがお体温たいおんなみだ
まぼろし制限時間せいげんじかんなくたって いつもあせってるよね
最後さいごのユメをよう
コレッキリにしよう

だからこのままずっとめないでほしい
理想ねごとはユメんなかう そんなのはなかだけでいい

ユメのよう えてはえて
だってかたちになるモノは いつかポイてされるから...しないだけさ
"ユメにまでてこないで"

たしかにこえた「だれかがおと
きみ寝息といき」「わたしこい
おかげでめたよ いつだってわりがあるんだし
ちょうどいい あのヌクモリももうすぐえちゃうし

「これはユメだったんだ」って...