1. 白ノ娘歌詞

「白ノ娘」の歌詞 mothy_悪ノP,弱音ハク(初音ミク)

2010/12/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きていてごめんなさい」 いつのまにか口癖くちぐせ
弱音よわねばかりいていた つまらぬだけの人生じんせい
むらひとたちはみな きれいなみどりかみ
仲間外なかまはずれのわたし ひとちがしろかみ

もりおくひそかに そびえ千年樹せんねんじゅ
わたしはここで一人ひとり かみねがいをかけた
孤独こどくつづけること それはとてもさびしい
だれでもいいわたし友達ともだちになってしい

彼女かのじょ出会であったのは 千年樹せんねんじゅのすぐそば
たおれていた彼女かのじょたすけたのがはじまり
いつのまにか二人ふたりは とても仲良なかよくなった
だけどわたし彼女かのじょ なにもかもがちがった

むらなかだれより きれいなみどりかみ
そのやさしいこえ笑顔えがお だれからもあいされた
どうしてこんなわたしにも やさしくしてくれるの?
自分じぶんよりおとおんなあわれんでるつもりなの?

卑屈ひくつわたしきしめて
彼女かのじょはささやいた
「あなたはだれより素敵すてきひとよ」
なみだがこぼれた

たとえ世界せかいすべてのひと
わたしさげすわらっても
必要ひつようとしてくれるひとがいる
それだけでしあわせだった

二人ふたりむらして まちらしはじめた
不慣ふなれな生活せいかつでも 一緒いっしょなら大丈夫だいじょうぶ
裕福ゆうふく商人しょうにん婦人ふじん使用人しようにん
きるためにえらんだ わたしたちの仕事しごと

ある日屋敷ひやしきかけた あおかみ優男やさおとこ
あいつと彼女かのじょ出会であいが すべてをくるわせた
うみこうのくにおう かれ彼女かのじょふかあい
となりくに王女おうじょ求婚きゅうこんこばんだ

くに戦火せんかつつまれた
王女おうじょくだした命令めいれい
みどりかみおんなすべ
ころしてしまいなさい」

みんなみんないなくなってしまった
しろかみ私以外わたしいがい
彼女かのじょわりにわたしねばよかったのに
どうして どうして

きていてごめんなさい」 いつのまにか口癖くちぐせ
弱音よわねばかりいていた つまらぬだけの人生じんせい
港町みなとまち教会きょうかい あらたにらしはじめた
革命かくめい王女おうじょんだと かぜうわさいた

彼女かのじょ出会であったのは 教会きょうかいのすぐそば
たおれていた彼女かのじょたすけたのがはじまり
いつのまにか二人ふたりは とても仲良なかよくなった
だけどわたし彼女かのじょ なにもかもがちがった

だれもいないよる懺悔室ざんげしつ
偶然聞ぐうぜんきいてしまった彼女かのじょ告白こくはく
ああ なんということでしょう
彼女かのじょまさ
-あくむすめ-

まちはずれのちいさなみなと
一人ひとりたたずむあの
背後はいごからちかづくわたし
ふところからナイフ
して王女おうじょ背中せなかけて
げた

あなたにあやまらければいけないことがあるの
私結局わたしけっきょくあなたのかたきはとれなかった
あのむかしわたし とてもとても孤独こどくひと
ひとりでつづけること それはとてもさびしい

なにもできなかったあの
すこ料理りょうりがうまくなった
今日きょうのおやつのブリオッシュ
とってもうまくけてる

あのときあの海辺うみべ
一瞬見いっしゅんみえた幻覚げんかく

あの少年しょうねんはいったい
だれだったのかしら?