1. 魔女ザルムホーファーの逃亡歌詞

「魔女ザルムホーファーの逃亡」の歌詞 mothy_悪ノP,MEIKO

2009/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
花散はなちもりみち けた
あかふたつの果実かじつ
むねいて よるはし逃亡者とうぼうしゃ

ちちらず ははらず
一人ひとりぼっちでそだってきた
二十歳はたちとき あいしたのは
人殺ひとごろしの犯罪者はんざいしゃ

あくかれたならば
みずからもまっていく
そしてひとわたしを『魔女まじょ』とんだ

花咲はなさあくみち けた
あか鮮血せんけつびて
背徳はいとくあいんだ咎人とがびと

子供こどもたちがどこにもいない」
まみれでさけおんな
それを見下みおろすわたし突如とつじょ
きつけられたくさり

つみはいつかさばかれるもの
牢獄ろうごく無機質むきしつくら
処刑椅子しょけいいすまえった
かれている科学者かがくしゃ

ここからたいわたし
実験台じっけんだいしい科学者かがくしゃ
いま 二人ふたり利害りがいかさなった

つめたいいしみち けた
しろ囚人服しゅうじんふくいで
かうそのさきには研究所けんきゅうじょ

まれたかみたね
わたしなか鼓動こどうをたてた
とした可愛かわい双子ふたご
ちちのいない実験体じっけんたい

おもした おもした
わたしもかつてこんなふうに
ビーカーのなかつくされた
人造体グールチャイルドだったことを

くだつながれたたち
身勝手みがってなのはわかってる
このたちを玩具おもちゃにはさせやしない!

げてばかりの人生じんせいでした
わたしられなかった
ひとかけらのあい
せめてこのたちには

花散はなちもりみち けた
あいする二人ふたり赤子あかご
むねいて よるはし逃亡者とうぼうしゃ

となりくに かくらす
人目ひとめけなきゃいけないの
月夜つきよなか かけるのは
子供こどもたちとわたしが おりのエルドのもり
たのしい散歩さんぽになるはずなのに
ほんのすこはなしたすきに

子供こどもたちがどこにもいないの」