「こころのしずく」の歌詞 99のなみだ OP moumoon

2008/6/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
砂浜すなはま裸足はだしあるく その姿すがた
ぼくとおくから それをながめていた
それとなく
名前なまえらない笑顔えがおかれたのは
多分たぶん きみがぼくていたからだろう
どことなく

こころのおと
シンクロしてゆく
黄昏たそがれじた
一歩いっぽずつでも
たがいに ちかづき
ヴェールがげてく
明日あすいたい
ぼくはこいをした
こんなにも 高嗚たかなってる
きみは うみのよう
ふかんだひとみ
さらわれそうだから
なぜひとりで
さびしげなかおしていたのかも
けずにいた

りの物語ものがたり
あのうたを
くちずさむ 二人ふたり日々ひび
つづくこと
ねがっていた

わかれの ことば
うつむく 横顔よこがお
しずくがすべりおちて
どこかとおくへ
はなれていくようで
きみを めた
るような
かなしい背中せなか
こんなにもふるえてる
きみは なみのよう
くるうように
うごくこころを
まもりたくて
きしめたよ
ぼくのそばで わらっていてよと

あれから
きみには
あえなくて
さがして さけんで
つづけていたんだ
どこにいるの、なにしてるの
ぼくは ここにいるのに
もどってきてよ
いていかないで
ひとりきり

こころのおと
みみかたむけて
なにかをおもした
どれほどなが
わすれていたんだろう
あたたかないた
あの日確ひたしかに
ぼくは こいをした
こんなにも せつなくて
きみはうみのよう
くるうように
うごくそこから
あふれだした
きれいなひかり
ぼくほほ
らしていた