「セラトナ」の歌詞 nano.RIPE

2011/10/19 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなかめた おかしなゆめてた
らないだれかになり いてるぼくをてた

つめたいゆかをそっと裸足はだしみしめたら
まどからのぞつき分厚ぶあつくもえた

もがいたって足掻あがいたってしずんでゆくばかりだ
なんとなくじゃわれないっていたいほどわかってるはずなのに

ねがったっていのったってとどきたい場所ばしょがわかんなくて
闇雲やみくもばしたさきれたものに意味いみなんてなかったのかな

いろとりどりのゆめかさなってもうけた
よる隙間すきまいたあなあたらしいほしになる

ぼくにとっての大切たいせつなんてぼくにしかわからない
だからとおくへもっととおくへ
ばしたれたものをつかんで わかったふりしてかえしてく

ねがったんだ いのったんだ とどきたい場所ばしょげるから
闇雲やみくもしたあしおもうままにスピードをげて

ときっていつか今日きょうやんだってわすれないことだ
わかんなくてばしたさきれたものがいまぼくのこたえだ

真夜中まよなかじた おかしなゆめなか
あたらしいほしがヒトツ わらったぼくをてた