1. 嘘と月歌詞

「嘘と月」の歌詞 nano.RIPE

2015/4/8 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがぼくにうそをつくたび うそうそかさねるたびに
ぼくはすこやさしくなれる?やさしさの基準きじゅんなんてらないけど

うそすきからのぞむような本当ほんとうあいしてるにている?
いつまでっても上手じょうず使つかえないくだらないぼくはいつまで?

使つかわなくていいんだよ 使つかえなくていいんだよなんて
気付きづかないあいだにいつもまもられてた

ぼくがアチコチけてるから ピースのりないパズルだから
きみはいつもうそをつくんでしょう?ぼくがコレ以上いじょうけないように

うそうそうそかさねた日々ひびあつさはいまどれくらい?
いつまでっても近付ちかづくことはないわらないきみはいつまで?

けてるんじゃないんだよ りないんじゃないんだよなんて
気付きづかないあいだにいつもまもられてた ぼくが?

うそ気付きづかないふりをしていたぼくもきみとおなじうそつきか?
傷付きずつかないようにやさしいふりしてまもることはげることだ

ゆめからめたんだ 悪夢あくむからめたんだやっと
やさしいうそなんてあるわけがないだろう

けてるんでしょう?ぼくは りないんでしょう?ぼくはずっと
気付きづかないあいだにすこしずつおかされてた

だれが?だれを?
きみが?ぼくを?