1. 架空線歌詞

「架空線」の歌詞 nano.RIPE

2012/10/3 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがわらころにあたしのきずえるだろう
ゆっくりとつながる ほどけるくらいにやわらかく

とめどなくあふれるもろいコトバ したきみにたずねる

こわかった?もう何度逃なんどにしたふりをしてうごけずにいたの?
あたしのこえこえる距離きょりからばして 不確ふたしかなものをあげよう

ゆめかたれるほどきよくもやさしくもないけど
きみがけるくらいココロに隙間すきまつくっとこう

近付ちかづけばいつしかかがみになる みぎ左手ひだりてれる

うしなったものなんてした日々ひびだってわるくはないでしょう?
ただしいものをしがるあまりにけずれてえたココロのふかくへおいで

きみがわらうほどにそらあおれる
ありふれたたとえがこんなにもステキだ
もっと単純たんじゅんでずっと簡単かんたんなことだとおしえられたの

さがしていたものがなにかわからなくて だけどずっとさがしていたなにかを
ココでつけた それはおもうほどキレイじゃなくて ゆえにキレイだ

こわかった?もう何度逃なんどにしたふりをしてうごけずにいたの?
あたしのこえこえる距離きょりからばして 不確ふたしかなものをあげる