「水性キャスト」の歌詞 nano.RIPE

2010/9/22 リリース
作詞
きみコ
作曲
きみコ
文字サイズ
よみがな
hidden
明日あしたきみとぼくははなればなれになる それをぼくはたしかにっていた
きみが最後さいごにぼくにうコトバも 多分たぶんきっとぼくはっていた

だけどもえられない そのつなげない
呼吸こきゅうめてみたってさ 時間じかんまらなかった

明日あしたきみとぼくははなればなれになる それをぼくはたしかにっていた
きみが最後さいごわらうその笑顔えがおすこゆがむこともっていた

なにからつたえよう それさえわからない
コトバはきみにとどくまで カタチをえるから

世界せかいにもし魔法まほうがあってそれをぼくが使つかえたら
テレパシーでココロすべてきみにとどけるのに

とお西にしそらすこしずつれゆく このまちにももうじきひかりすだろう
あのそら記憶きおくぶけど そんないろもいつかはわすれてしまうだろう

世界せかいにもし魔法まほうがあってそれをぼくが使つかえたら
なんてことをかんがえるにはオトナになりすぎたかな

きみのことをうたいたくて今日きょうもウタをうたうけど
きみのことをおもすと何故なぜうたえなくて