「神様」の歌詞 nano.RIPE

2015/4/8 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
一段いちだんばしでがりゆく 石段いしだんにはななめにひかり
いきおいよくばしたその場所ばしょわすれたかげがあるだろう

ちかつづけた歳月さいげつてるあたしは
臆病おくびょうですか 滑稽こっけいですか びたかげたよりなくらいだ
わせたひとたちを遠巻とおまきにながめてた
「くだらない」ってちいさいこえ本当ほんとうふるえていた

いきらしたってまりたくない
ふるえたこえあしつた気付きづかないふりしなくちゃな

一段いちだんばしでがりゆく 石段いしだんにはななめにひかり
のぼりきったさきえる場所ばしょちいさなあたしのかげ

ポケットにしのばせていたあなきのねがいを
いきいてしそっと両手りょうてつつんだ

くろくなりしたそら見上みあげたら
ふるえたこえでもう一度いちど「くだらない」つぶやきながら

一度いちどきりばしてまれゆく キレイにえがいたねがごと
見届みとどけてゆっくりとわす おねが神様かみさま ココに

ちかつづけた歳月さいげつてたあたしは
臆病おくびょうですか 滑稽こっけいですか それともキレイですか

一段いちだんばしでりてゆく 石段いしだんにはポツリとつきかげ
まもりたいものをまもるためなら てられるあたしがある

このさき暗闇くらやみらすこたえが わすれたかげにあるとしても
わせたなかふうめた ねがごとはヒトツだけ

ねが神様かみさま そこに