1. 空飛ぶクツ歌詞

「空飛ぶクツ」の歌詞 nano.RIPE

2015/4/8 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
たった一度いちど人生じんせいなら夢見ゆめみるくらいは自由じゆうでしょう?
だれかのコトバをいつからかわけにして
生憎あいにくぼくらはウソツキだ からめた小指こゆびしばられて
うごけなくなるまえしてしまおうとしてた

いつまですりったままのクツではしつづけるつもりなの?
さあ? けるところまで いきつづくまで
まればらくにはなるけど

ぼくらえないものにわれながら
だけどえないものをいながら
ぼくがだれなのか ココがどこなのか
わからないくらいがいまはそうちょうどいだろう

あのころ未来みらいんだいま想像そうぞうしてたよりモノクロだ
透明とうめいになるまえしてしまおうよ すぐに

いつまでもすりったままのクツではしつづけるつもりなの?
そうすればいつのそらべるとか
えるほど子供こどもじゃないだろう

あめればみずみてしまうような
ボロボロのクツをてられない
ぼくをててしまえ かかとらせ
まってもらくになんてなれやしない

ばせ えないものもえるものも
ばせ そらぶクツにんで
ぼくがだれなのか ココがどこなのか
わからないくらいでいまはそういだろう
わかるがくればそらさえべるだろう