「この街の物語」の歌詞 nicoten

2013/7/24 リリース
作詞
宮田航輔
作曲
岡田一成
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょう見慣みなれたまちにあかりがともりだすころ
まち茜色あかねいろ かげひと

たまにはイヤホンはずしてかえろう 線路沿せんろぞいを
こえてくるこえ たのしそうだ

あのときこうすれば あんな言葉言ことばいわなかったら
なんてことばかり あたまけめぐる

そして歩道橋ほどうきょうから見下みおろした このまちぼくきている
とき出会であったり ときわかれをかえ
ふいにこえがしたようながして きみ姿すがたさがしたけど
いるはずもないと かってるのにためいき

いつもくちずさんでいたきょくおもせる
きみ茜色あかねいろ こえないこえ

些細ささい出来事できごと気付きづかされる毎日まいにち
くだらない日常にちじょうが こんなにきだった

そして歩道橋ほどうきょうから見下みおろした このまちぼくきている
なにかをきずつけ きずついたりをかえ
たまにきみがいるようながする 信号待しんごうまちの雑踏ざっとうなか
あわ期待きたいだけ ゆらゆら足音あしあとけていく

わすれたくないけど いつかわすれちゃうのかな
あのも あのきみかぜとおける

そして今日きょう歩道橋ほどうきょうから見下みおろした このまちでみんなごしてる
だれかをあいしてあいされてはゆめねむ
明日あした歩道橋ほどうきょうから見下みおろした このまちぼくきていく
またどこかでうそのとき
きみより可愛かわいだれかといてもおこらないでよね!