1. Honeysuckle歌詞

「Honeysuckle」の歌詞 orange pekoe

2002/7/24 リリース
作詞
ナガシマトモコ
作曲
藤本一馬
文字サイズ
よみがな
hidden
裸足はだしになったら
あまくとろけるこいみつ
かぐわしいみなみ
したころ
Honeysuckleハニーサックルから
魔法まほうのように
Honeysuckleハニーサックルから
かがやくトビラえて
きましょう

モノクロに
記憶きおくはな
めていたままでは
づかないまま
とおりすぎていく
カラフルな果実かじつまち
かぜきみそとではすで
あたたかくいているの
はためかせる悪戯いたずらに もう
づきはじめて
いるでしょ?
いきって
うたいだしましょ
おどりだしましょ
あいこい
くちびるでおぼえましょ
裸足はだしになったら
ひとくちだけのこいみつ
かぐわしいみなみ
したころ
Honeysuckleハニーサックルから
あふれだしていくわ
あまくとろけるこいみつ
かぐわしいみなみ
したなら
Honeysuckleハニーサックルから
魔法まほうのように
Honeysuckleハニーサックルから
かがやくトビラえて
きましょう

つたえきれない
アシンメトリーな
ふたりも
あいあいんでいく
このさかりて
うみのぞむときには…
裸足はだしになったら
ひとくちだけのこいみつ
かぐわしいみなみ
したころ
Honeysuckleハニーサックルから
あふれだしていくわ
あまくとろけるこいみつ
かぐわしいみなみ
したなら
Honeysuckleハニーサックルから
魔法まほうのように
Honeysuckleハニーサックルから
かがやくトビラえて
きましょう