1. 十六夜歌詞

「十六夜」の歌詞 paris match

2006/3/24 リリース
作詞
MARI MIZUNO,TAI FURUSAWA
作曲
YOSUKE SUGIYAMA
文字サイズ
よみがな
hidden
サテンまと素肌すはだつた十六夜いざよいあまやかに
まぐれだった こころがいつしか ひとつのこだわりをおぼえていく
贅沢ぜいたくな ハーブよりも わたしよるをそっとうるおした媚薬びやく

うつくしくいしれていたい どうぞわたしれて
なめらかに うたかたのように ひるあざむ月光ひかり
えるまえ

そのひとみしずけさのなか れた吐息といきらす
意味いみありげな 視線しせんはいつしか 十六夜いざよいうらへとつづいていく
ゆるやかな胸騒むなさわ微熱帯びねつおびてくわたしうるお媚薬びやく

ゆめのように いしれていたい どうぞわたしれて
おだやかに また しとやかに 水面みなもかぶ月光ひかり
れるころ