「蒼白い街」の歌詞 pe'zmoku

2008/10/8 リリース
作詞
suzumoku
作曲
Ohyama "B.M.W" Wataru,suzumoku
文字サイズ
よみがな
hidden
足取あしどりは随分重ずいぶんおもいきはやけにぬる
なら電柱でんちゅううえからの カラスたちするど視線しせん
かたむいてかぶ三日月みかづきひかりをなくしながら ただあさ

昨日きのう今日きょう境目さかいめぼくらはずっとあるいてた
思考回路しこうかいろをショートさせて シンプルにみちあるいてた
操縦そうじゅうしたくないからだきずリむように 始発しはつせた

たりまえれるはななにかたらずに
アスファルトをやぶっていたんだ
そう気付きづけるなら すぐにでも明日あす見極みきわめれるだろ?
つめたいかぜぼくらをためつづけてゆく
蒼白あおじろまち

たしかな未来みらいもとめたとき
この場所ばしょ目指めざして
むねきざんだ決意けつい覚悟かくご
まだ おぼえてるだろ?

しろせんみながら ぼくらはずっとあるいてた
途切とぎれたらつぎうつり フラフラとみちあるいてた
尾翼びよくんだからだながれる人込ひとごみにまよんでた

かずあるまえから とおくどこまでも
てしなくひろがっていたなと
なやみながら ころびながら きていたことを
みとめればつながっていたなと
手当てあたり次第しだい てたものは なにもかもすべ
一秒いちびょうでもつかもうとしたゆめ
そう気付きづけるなら すぐにでもいまきしめてみろ
リアルなかぜぼくらを 目覚めざめさせみちび
蒼白あおじろまち