「酒気帯び散歩」の歌詞 pe'zmoku

2008/10/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なに物足ものたりない 今日きょういた
いつものしあわせに ふらふら酒気帯しゅききお

たよりない言葉ことばまちわせる
両手りょうてつめれば 不安ふあん

簡単かんたんらくにしたんだ きみまちではなんでもそろ
そら電波でんぱすこ邪魔じゃまかな
上昇下降じょうしょうかこうエレベータ だれかさんの出世しゅっせはエスカレータ
不平不満ふへいふまんはビルのかべきざまれたままいつかは風化ふうかしていく

公園こうえんすみには こわされた自転車じてんしゃ
はなをくすぐるのは ねばるヤニのにお

無邪気むじゃきこえには あの面影おもかげ
からすごえ現実げんじつもどされる

必死ひっしになってあつめたカード いまじゃどれもこれもすべ無効むこう
有効期限ゆうこうきげんがあったなんていてない
神経質しんけいしつ完璧主義かんぺきしゅぎだれかさんの人生じんせい不安定ふあんてい
ポケットのなかれたまんまのビスケットはもう風化ふうかしている

靴底くつぞこって
ついでにこころってんのさ
ひびかねはいつもとお
わすれかけたおもせるんだ

簡単かんたんらくにしたんだ きみまちではなんでもそろ
そら電波でんぱすこ邪魔じゃまかな
上昇下降じょうしょうかこうエレベータ だれかさんの出世しゅっせはエスカレータ
不平不満ふへいふまんはビルのかべきざまれたままいつかは風化ふうかしていく