「花火」の歌詞 plane

2007/8/22 リリース
作詞
YUSUKE KIKUCHI
作曲
plane
文字サイズ
よみがな
hidden
ホント上手じょうずうそをつくんだね
なみだもでないスピードで
改札かいさつぬけたらもうすぐそこ
あの世界せかいえたんです

たのみのつなれてしまっても
ちゃんといまあるかなくちゃ
心配しんぱいしないで今日きょうはおやすみ」
そんな言葉ことばきたいんです

花火はなびあとのさびしさのように
あなたはぼくこころつかんではな
ぼくなら絶対ぜったいあなたをまも
はなさない はなせないのです

はぐれないようにずっとつないでた
ふたり背伸せのびで見上みあげたそら
無邪気むじゃきにはしゃぐぼくとなりで
なにわずにうつむくんです

花火はなびあとのさびしさのように
あなたはぼくこころにふわりかぶ
ちがだれかをおもうあなたを
いつかはゆるせるのかな?

大丈夫だいじょうぶだとえばうそです
いたいです えないです
むねくるしくなる
もういないあなたをおもさせたのは
臨時りんじまったちいさなえき

花火はなびあとのさびしさのように
あなたはぼくこころつかんではな
ぼくなら絶対ぜったいあなたをまも
はなさない はなせないのです

花火はなびあとのざわめきのなか
あなたはぼくこころにふわりかぶ
なつわりに「またね、さよなら」
季節きせつうごはじめた

ホント上手じょうずうそをつくんだね
なみだもでないスピードで