「待ち合わせの途中」の歌詞 plenty

2012/2/15 リリース
作詞
江沼郁弥
作曲
江沼郁弥
文字サイズ
よみがな
hidden
天気予報てんきよほうれのマーク 蒼空あおぞらいやだった
迷子まいごだなんて気付きづかなかった 気付きづきたくなかった

なにをしてたのだろう なにきあえたのだろう
どこにもけないままで 約束やくそくだけさがしてた

だれかがそうどこかで ぼくのことをってる
あのんでいる いまはきっとわせの途中とちゅう

かぜはやんで またひとりぼっち こたえなどなかった

あるがままでいたいなら きずついてけばいい
ゆずれないものがあるから ひとりでもあるくだけ

見上みあげればまぶしい色褪いろあせたあおそら
だれかがんでいる いまもきっとわせの途中とちゅう

ぼく大人おとなになる なにかるのか
季節きせつながれてゆく もっととおくへ

此処ここじゃないどこかで ってるひとがいる
彷徨さまよえどぼくこう いつかのあの約束やくそく場所ばしょまで