「時は風のように」の歌詞 redballoon

2007/8/22 リリース
作詞
村屋光二
作曲
村屋光二
文字サイズ
よみがな
hidden
毎日まいにちとおとお複雑ふくざつからって
あふれるひとうずなかいかけた
放射線状ほうしゃせんじょうに いっせいにすすした
おくれたぼくはどこへかえばいいのかな

わすれたふりで はなしても
おぼえてるおもいたみが
かぎをかけてたこころとびら
すこしずつひらきだす

ときかぜのようにぎるけど まよいながら
るぎないひとつのあかしさがしていたいよ
だれもがそれをわらおうとしても 関係かんけいないさ
土砂降どしゃぶりのあめ
きながらあるいてこう

かえ日々ひびなん意味いみがあるというのだろう
ためいきまじりにてて 空仰そらあおいで

いつからだろうわら意味いみさえ
うしなって帳尻ちょうじりわせて
身動みうごきできないこの場所ばしょでさえ
居心地いごこちいいとわらってる

ときかぜのようにぎるけど まよいながら
かなしみすこしだけわらえた今日きょう
これ以上いじょうかすれないようにつつもうどんなとき
つけたちいさなよろこ
見失みうしなわぬよう