1. 走り出す季節歌詞

「走り出す季節」の歌詞 redballoon

2007/8/22 リリース
作詞
村屋光二
作曲
村屋光二
文字サイズ
よみがな
hidden
はしはるわすれてた ぼくらの記憶蘇きおくよみがえらせる
あのころのままでいたいから あわせつないおもいはまだむねに…

まぶしい日差ひざしがはるげる きみまちにはこんなにも かぜがる
とおとおかんじる この距離きょりじゃない こころ距離縮きょりちぢめて

二人ふたりねがいはいつからか ずっとぼくだけのもの
それでも二人ふたりでいたいのはよわさとかじゃない 大切たいせつおも

何度季節なんどきせつわっていっても きみのことをわすれることは出来できない
りかかってた あいのぬくもりは せつなくぼくむねのこ
このかぜはかなおも

この場所ばしょでしばらくってた あのわせとかさねる きみはもうないのに
そっとぼくかた ちるはなびらに 二人ふたりかんじた

あのころのままでいたいから あわせつないおもいはまだむねに…

そっとひとみじればきみが すぐそばわらいかけてるがしてる
もっときみ あたためれるなら これ以上何いじょうなにのぞまないよ
これからもずっとわすれない

何度季節なんどきせつわっていっても きみのことをわすれることは出来できない
りかかってた あいのぬくもりは せつなくぼくむねのこ
このかぜはかなおも
これからもずっとあいしてる