「群衆」の歌詞 rumania montevideo

1999/6/16 リリース
作詞
AMI MIYOSHI
作曲
MAKOTO MIYOSHI
文字サイズ
よみがな
hidden
AH きしむそのドア かからないかぎ
あきた退屈たいくつ くさる記憶きおくにかぶさる毎日まいにち
えない くらさにまぎれた騒動そうどう

AH らない電話でんわ うるさいラジオ
かきむしられるみみおくあたまおくのほう
最初さいしょ最後さいごおおきなけだるさ

人工じんこうほしした あしをとめて

してく ひと
「おやすみ」が横切よこぎまえ
いえのベッドに身体深からだふかくして

AH やまのようなルール ぎさらしのジーンズ
えていくみ ひとつ あきらなぐさ逃走とうそう
からんだくさりをひきずりまど

明日あすかざって ながめて てよう
リアルな自分じぶんつけるものはない

おおきななみのよな足音あしおと
季節きせつうごまえ
はねのベッドに身体深からだふかくして

してく ひと
「おやすみ」が横切よこぎまえ
いえのベッドに身体深からだふかくして

ながされてく ひとなみ
最期さいご一人ひとりになっても
かたいベッドに身体横からだよこたえて