「夢旅」の歌詞 sacra

2012/10/10 リリース
作詞
木谷雅
作曲
木谷雅
文字サイズ
よみがな
hidden
夢旅ゆめたび途中とちゅう挫折ざせつして 故郷ふるさとかえったともがいる
きながらきみ電話でんわして
「おまえはきっとゆめつかめ」とった

あるなつ 夜中よなか二人ふたりして 学校がっこう校庭こうていしの
おおきな花火はなびげて 夢語ゆめかたった風景ふうけいおもした

ほし夜空よぞらってえたひかり
いまもまだ おぼえてるよ 嗚呼ああ つよきついて

とも明日あした行方ゆくえだれにもわかりはしないけど
二人ふたり見上みあげたあのガーベラが
ほらね いつでも見守みまもってる

きみぶんまでがんばる」だとか そんなキレイごとはえないから
それぞれのみちの そのさきわらってまたきっと かならおう

あきのにおいをはらむつめたい夜風よかぜ
首筋くびすじでたあとで 嗚呼ああ むねけた

たびてにはなにがある
かなきゃわかりはしないだろう
いつもかえれば ガーベラが
「ここにいるよ」とってる

出逢であわかかえすたび
やさしくなれるようながして

ときはかなさを
「いま」をかさきるのさ
うまくなんてやれなくても いいよ いいよ
きみらしくやれればいい

とも明日あした行方ゆくえ
だれにもわかりはしないけど
ふたりで見上みあげたあのガーベラが
ほらね いつでも見守みまもってる

夢旅ゆめたび途中とちゅう挫折ざせつして 故郷ふるさとかえったともがいる
きながらきみ電話でんわして
「おまえはきっとゆめつかめ」とった