1. 星の屋根歌詞

「星の屋根」の歌詞 sacra

2012/10/10 リリース
作詞
木谷雅
作曲
足土貴英
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしいうそにくるまれて きみとずっとらしてたいな
おかうえよるそら 見上みあげるきみとれてた

あわこいのフレーバー つんとはなをついた
ほんのちょっとなみだ

ほし屋根やねした きみきしめた
れながらにじんだ 永遠えいえんをただめたくて
ける程愛ほどいとしい はなしたくない
時間じかんまっちゃえば いいな

おとぎ話聞ばなしきかせるよ きみぼく主人公しゅじんこう
ありもしないことでさえ きみとならしんじれるよ
わらっているの? いているの?
むね中微なかかすかに かたふるえてる

ほし屋根やねした きみきしめた
こぼれてしまいそうな そのおもいをめたくて
きだからくるしい このまま夜空よぞらにとけてゆけたなら いいな

もしもまれわっても きみをきっとおもして
おかうえおな場所ばしょ くるもくるってるよ

ほし屋根やねした きみきしめた
れながらにじんだ 永遠えいえんをただめたくて
ける程愛ほどいとしい はなしたくない
時間じかんまっちゃえば いいな