「sea-through communication」の歌詞 school food punishment

2009/10/7 リリース
作詞
内村友美
作曲
school food punishment
文字サイズ
よみがな
hidden
えないいと心繋こころつないでるんだ ぼくらはそれにっかってやりとりしてるんだ
くらうみわたひかりみたいに 不安ふあんだらけのあめけていくんだ

ってて 何億なんおくものなか 絶妙ぜつみょうなチョイスでいま 言葉ことば とどけるよ
きみつたわるように 曖昧あいまいやみ えて

あふれるおもせて 可能性かのうせいのそのこうまで
ぼくのフレーズ スピーカー なみって おとになって
まるで魔法まほうのようなコミュニケーションのレールはし
いますぐくよ 奇跡きせきだって とどけるよ とどけるよ とどけるよ

きっとおなじことでなやひとがいたんだ 距離きょり時間じかんのせいで途切とぎれてしまうって
ぼくうれしいよ あふれる無限むげんのツールにたすけられている世界せかい きらいだ なんてわないで

だってさ 素晴すばらしいとおもわない? ほんの一言ひとこと あるかないかのちがいで
える景色変けしきかわってく 想像そうぞうえて

あふれるひかりほう可能性かのうせいみみまして
きみのフライト モーター こわがらないで をつけて
体中からだじゅうで スキップしてる テレパシーじゃつたわらないこと
わたおうよ カギをけて うみこう よるこう けてくよ

つめたい にわかあめれて ふいにげたくなる
こころじそうになるけど みずたまり んで れにする

くらよるたって どしゃりでえなくたって
ぼくのプラットホームは きみといつもつながっている
まるで魔法まほうのようなコミュニケーションのレールはし
きっとれるよ

かぎりあるもの あまりあるもの
ぼくのひらにあふれてる選択肢せんたくし もっと見渡みわたして
まるで魔法まほうのようなコミュニケーションのレールはし
いますぐくよ 奇跡きせきだって とどけるよ とどけるよ とどけるよ