1. ソワレ de 東京歌詞

「ソワレ de 東京」の歌詞 siori

2008/4/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かないそうもないゆめてた午後ごご
ビルかぜかれてちいさなためいきこぼれちる
やらなきゃいけないこともあるけど
あなたをしずかにおもしてときぎてゆく
明日あした行方ゆくえはまだらないけれど
街行まちゆ見知みしらぬひとにすれちが度感たびかんじるのは
ただこいしくてせつなくて
つのるばかりのおもいは
められないからうたせて

今夜こんやだけはあなたと一緒いっしょにいたいから
なにわずにこのにぎってつめていてよ
一晩中踊ひとばんじゅうおどりつづけたらあの星空ほしぞら彼方かなたとどくほどの
永遠えいえんえるようながするから
そんながするから…

なんでもあるけどなんにもないような
不思議ふしぎわたしとりこにさせるこの都市としではだれもが
黄昏たそがれても夜明よあけに希望きぼうたくして
まよがれてがた始発しはつ
つづけているブラックのコーヒーに
のぞんだわたしかおはもう大人おとなになっていた
なにもとめるわけじゃないけど
時々ときどきどうしようもなくきそうになるから
こえかせて

今夜こんやだけはあなたとの余韻よいんでいたいから
なにわずにそのをこのむねべて
一晩中踊ひとばんじゅうおどりつづけたらネオンのひかりけないくらい
かがやいていられるようながするから
そんながするから…

今夜こんやだけはあなたと一緒いっしょにいたいから
なにわずにこのにぎってつめていてよ
一晩中踊ひとばんじゅうおどりつづけたらあの星空ほしぞら彼方かなたとどくほどの
永遠えいえんえるようながするから
そんながするから…