「平気な顔の子猫」の歌詞 siori

2008/4/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
がつけばいつもおな言葉ことば 最近楽さいきんたのしいことないよね
きてることもかってて ただぼやくようってみたくなる
まとまりのない空気くうきんで おまりの言葉ことばして
なんとなくたされた気分きぶんなって いえかえると また一人ひとりぼっちなんだ

マニュアル以外いがいのことうだけで みんなのかお拒否反応きょひはんのう
いまのは冗談じょうだんだよって 意味いみ自分じぶん犠牲ぎせいにして
ほんとのことはえないままで わらいながらこころいてる
そのうち感覚かんかく麻痺まひして 大事だいじことまでわすれて

いつからか迷子まいご子猫こねこになって 場見失ばみうしなってた
ひとごみにじってみてもこころめたまんまで
それでも平気へいきかおしてすすんでるわたしめて めてねぇ めて

人生じんせい一度いちどだっていうのに なぜか二度にどあるような雰囲気ふんいき
いつかだれかが不死身薬ふじみぐすりつくるのじっとってるんだ
だからわりようもない 受身うけみ姿勢しせいつづいてくんだね
それでもときなにわずにとおぎて

自分じぶんにすらうそもついて 問題もんだいはより深刻しんこくかんじで
だれかのためにきてるような 奇麗事言きれいごといっている
それでもまだらないりしてごしてることを めて めてねぇ めて

裸足はだしのままですすんでけるなら
異端児いたんじでもいい それでいい それがいいよ

いつからか迷子まいご子猫こねこになって 場見失ばみうしなってた
かいかぜいたってさからって あるけばいいのに
それでも後悔こうかいしながらすすんでるわたしめて めてねぇ めて
めて めてねぇ めて