「情熱の向日葵」の歌詞 siori

2008/4/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
貴方あなた突然現とつぜんあらわれて わたしすべてをうばっていった
まどからこぼれる日差ひざしに
まぶしいりをしながら いていたのを
きっと貴方あなたらない

なにただしいみちなのかなんて かんがえるだけ無駄むだはなし
わたしこころからきずつけてくれるのは貴方あなただけ
しいものなんて 貴方以外見あなたいがいみつからない

貴方あなたやさしさの意味いみかんがえた日々ひびもあったの
ただ感情かんじょうをまかせてきるしかなかったの

なにもかもが貴方あなただった
明日あすへのきるかて貴方あなただったわたし
もう友達ともだちになんてもどれない
貴方あなたわたし情熱じょうねつだから

貴方あなた出会であってはじめてった
わたしまれてきた意味いみ
そのうつるのが最初さいしょ最後さいご運命うんめいだとしても
うたがうことなど{出来き}るわけない
そうだよね

大切でたいせつおもえばおもうほど裏腹うらはらにすれちがってったね
だからもうこれ以上必要いじょうひつようとしないで
このかだらあつくなるのをめられない
どうして

貴方あなた出会であってなかったらおだやかにらすつもりで
ありったけの情熱じょうねつさえものこっていないとゆうのに

なにもかもがくずされて
こころめられてしまったわたし
もうもどれないみち途中とちゅうにある
貴方あなた情熱じょうねつ向日葵ひまわり

なにもかもが貴方あなただった
明日あすへのきるかて貴方あなただったわたし
もう友達ともだちになんてもどれない
貴方あなたわたし情熱じょうねつだから