1. 月下の雫歌詞

「月下の雫」の歌詞 sona

2007/3/14 リリース
作詞
浅田直
作曲
浅田直
文字サイズ
よみがな
hidden
つめあった あおひとみなか
永遠えいえんえない あい みつけた

いとしさのすきまから こぼれちたあめ
満月まんげつを さえぎって なにえなくなる

りつめたときいと かさなりあうゆめ
うたかたの蜃気楼しんきろう けっして かなわぬこい

ぽろり ぽろりと ちてゆくのは
つきしずくによくなみだ
ゆめのかけらを ひろいあつめた
このてのひらに あふれるほど

はるとおく めぐる季節ときこうに
あふれる気持きもち つづった
どんなときも あお夜空よぞらなか
永遠えいえんかがやあい しんじて

指先ゆびさきかん言葉ことばのないよる
かりそめのあさゆめ いのり とどかぬこい

ゆらり ゆらりと れているのは
むらさきまった 月明つきあかり
ふたつのかげが かさなりった
もうもどれない こころ

はるとおく めぐる季節ときこうに
ゆめのつづきを えがいた
つめあった あおひとみなか
永遠えいえんえない あい ちかった

つめあった あおひとみなか
永遠えいえんえないあい

はるとおく めぐる季節ときこうに
あふれる気持きもち つづった
どんなときも あお夜空よぞらなか
永遠えいえんかがやあい しんじて