「ライン」の歌詞 supercell feat.初音ミク

2009/3/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
絶対ぜったいにこのままじゃわれないの
最後さいご
時間じかんおしえるチャイムが
つくえにうつせた 鉛筆えんぴつにおいがする
キミとサヨナラしたくない

ふとかおをあげた

見慣みなれた教室きょうしつまどけて
むねいっぱい ふかいきって
一人ひとり見上みあげた

飛行機雲ひこうきぐもそらをなぞる
いつか今見いまみてる風景ふうけい
こんなふうえていくのかな

かならおもせるように
いま ここでさけんだ

おと がらりとして
きゅうせつなくなった
もう二度にどいまもどらない
くちをついた言葉ことば
いたらはしっていた
つたえなくちゃ
ふくらんで加速かそくしていく気持きも
なが廊下ろうかけて

キミをさがかんがえてるひまなんてない
わらいあって ときにけんかもした
校舎こうしゃ屋上おくじょう
けるようなあお ちかくも
こころなかではえた言葉ことば
今日きょうみたいなることを
わたしはどこかでわかっていた
いま キミにげるの

キミのとなり特等席とくとうせき
いつもあるものとおもってた

見渡みわたしても つからない
こんなのいやだよ
なみだがあふれた
もう一度会いちどあいたい

はじめてはなしたこと
一緒いっしょかえったこと
理由りゆうもなくきじゃくってた
あの かたいててくれた

そう こんなふう
いたキミのかお

きです