1. 初めての恋が終わる時歌詞

「初めての恋が終わる時」の歌詞 supercell feat.初音ミク

2009/3/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてのキスはなみだあじがした
まるでドラマみたいなこい
見計みはからったように発車はっしゃのベルがった

つめたいふゆかぜほおをかすめる
いたいき両手りょうてをこすった
まちはイルミネーション 魔法まほうをかけたみたい
はだか街路樹がいろじゅ キラキラ

どうしてもえなかった
この気持きもさえつけた
まえからめていたことだから
これでいいの かないから

ありがとう サヨナラ
せつない片想かたおも
あしめたらおもしてしまう
だから ありがとう サヨナラ
いたりしないから

そうおもった途端とたんにふわり
りてくるゆき
れたらけてえた

えきへとつづ大通おおどお
ってる二人ふたり たのしそう
「ほら初雪はつゆき!」
キミとあんなふうになりたくて
はじめてつくった 手編てあみのマフラー

どうしたらわたせたんだろう
意気地いくじなし こわかっただけ
おもになるなら
このままでかまわないって
それは本当ほんとうなの?

ありがとう サヨナラ
いつかこんなときてしまうこと
わかってたはずだわ なのに
ありがとう サヨナラ?
からだふるえてる
もうすぐ列車れっしゃるのに
それはいまになって
わたしくるしめる

つながりたい
どれほどねがっただろう
このからっぽ
ねえ サヨナラってこういうこと?

かなくちゃ そんなのわかってる
キミがやさしいことってる
だから 「……このはなしてよ」
出会であえてかった
キミが

ありがとう サヨナラ
一言ひとことえない
いまだけでいい わたし勇気ゆうき
「あのね──」
いかけたくちびる キミとの距離きょり0ゼロ

……いまだけはいていいよね
もう言葉ことばはいらない
ねがい ぎゅっとしていて

来年らいねん今頃いまごろには
どんなわたしがいて
どんなキミがいるのかな