「うたかた花火」の歌詞 NARUTO-ナルト-疾風伝 ED supercell

2010/8/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あふれるひとでにぎわう8月末がつまつのおまつ
浴衣ゆかた下駄げたいて
からん ころん おとをたてる
ふいにあがった花火はなび二人ふたり見上みあげたとき
夢中むちゅうてるきみかおをそっとぬすたの

きみ事嫌こときらいになれたらいいのに
今日きょうみたいなにはきっと
またおもしてしまうよ

こんな気持きもらなきゃよかった
もう二度にどえることもないのに
いたい いたいんだ
いまでもおもきみがいたあのなつ

すこつかれて二人ふたり 道端みちばた腰掛こしかけたら
とおこえるお囃子はやし
ひゅるりら ひび
夜空よぞらいたおおきなおおきな錦冠にしきかむろ
もうすこしでなつわる
ふっとせつなくなる

さかさまのハートがちあがってた
あははってわらいあって
きだよって
キスをした

もうわすれよう きみのこと全部ぜんぶ
こんなにもかなしくて
どうして出会であってしまったんだろう
じれば
いまきみがそこにいるようで

あま吐息といき
微熱びねつびるわたしきみこいした
そのこえに そのひとみ
づけばときってくのに
まだきみ面影おもかげさがして

一人ひとりきりで見上みあげる花火はなび
こころがちくりとして
もうすぐつぎ季節きせつ
やってるよ
きみてたうたかた花火はなび
いまでもおもう あのなつ