「ジオラマ」の歌詞 suzumoku

2011/7/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにかばず なにしずまず しずかなおか
となりきみとおをして いつものポーカーフェイス
今夜こんやかぜきたよりのかぜ えた三日月みかづき
おど街頭がいとう すべ人影ひとかげ ジオラマのまち

一粒ひとつぶ欠片かけらはただ ゆっくりとあまけるだろう
きみだけはまもれるさ」と さびしがりやのプライド

あお画用紙がようししろ綿毛わたげよるかぶせて
白熱灯はくねつとうかさはずせば ひる街並まちなみ

溜息ためいききかければ ほら 雨雲あまぐも出来上できあがり
「このままえてしまえ」と卑怯者ひきょうもの黒魔術くろまじゅつ

一粒ひとつぶ欠片かけらはまだ けずにがつめたいまま
おもわずくだいたら めたゆめ くずれたまち
最初さいしょからやりなおし」と 二度寝にどねする臆病者おくびょうもの
夕焼ゆうやけのつくかたきみのセンスにまかすよ