「ストリートミュージシャン」の歌詞 suzumoku

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
足踏あしぶみしてとるリズム らしてるピック
両手りょうてにはにじむあせ いたストリング
とおざかってゆく西日にしび 背中せなかかんじながらはな
ぼくらの歌声うたごえまちひびわた

くちにはせない無数むすうおもいに
だれもがくるしめられて 矛先ほこさきさがしている

わらわれてののしられてもせて わすれようとしてる自分じぶんくやしくて
なにられるともらずぼくらは けば路上ろじょうっていた

かみとペンを手放てばなさずに ひらめいた途端とたん
まるでパズルをむように 言葉ことばきなぐった
五線譜ごせんふなんからないんだ つづられたおもいのうえ
コードをふるだけで メロディーはまれた

ふとまるあなたのひとみから
ちるなみだ理由りゆうぼくらはりたくなる

むねめたつら過去かこかなしみも わすれられないままの自分じぶんむなしくて
てがわれた部屋へやそとぼくらは けばギターをっていた

わらわれてののしられてもけて 仕返しかえしのつもりでうたえてやるさ
むねめたつら過去かこかなしみも ぬぐれないのならうたばすまでさ
異端者いたんしゃこば世界せかいぼくらは
けば路上ろじょうっていた ギターをっていた うたをうたっていた