「セスナの空」の歌詞 suzumoku

2011/7/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむかぜにくすぐられてかるせきをして
わだち辿たどり ただひたすらに きざ足音あしおとひとひとかぞえる
わりだした季節きせついろ一度頷いちどうなずいて
木陰こかげさき えきこうにならぶビルを ひとひとながめる

梅雨明つゆあけのまちなつかわかして
いくつかの約束やくそくが そっとうごころ

ガードした人々ひとびとにもえているのかな
しろ羽根はねのセスナがほら 青空あおぞらなかあわあわ彼方かなた

さがこと目指めざことつくりかけのまま
余白よはくだけがはじめた あやふやな日々ひびひとひとかさねる

せみごえが かすかにひびいて
いくつかのおもがそっとますころ

片目かためをなくした野良猫のらねこにもえているのかな
しろ羽根はねのセスナがほら 青空あおぞらなかあわあわ彼方かなた

みずれて 陽炎かげろうれて
いくつかのあこがれが そっと色褪いろあせるころ

記憶きおくだけのとおきみにもえているのかな
しろ羽根はねのセスナがほら青空あおぞらなかあわあわ

はしきのあの言葉ことばなら とどけられるかな
しろ羽根はねのセスナをいま 青空あおぞらなかあわあわ見送みおくろう
あわあわ彼方かなたあわあわ彼方かなた