1. 素晴らしい世界歌詞

「素晴らしい世界」の歌詞 suzumoku

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかいかざ真夜中まよなかかり
「あれは残業ざんぎょう景色けしきなんだよ」と
きみねむそうにこすりながら
ひとごとのようにつぶやいてる

商店街しょうてんがいのシャッターがまり
終電車しゅうでんしゃ最後さいご片道かたみち
おもたそうにひどくきしみながら
二人ふたりかげまばたかせてえた

かえみち あたまをめぐるのは 明日あす不安ふあんばかり
けるかぜいさぎよさが うらやましくなるよ

ぼくらがつめてる世界せかいはいつまでも
ひかり暗闇くらやみかかつづけるから
まようことくらい 何度なんどもあるさ
なみだかんだら そのままながせばいいよ

つぶれただれかは道端みちばた
野良猫のらねこきつけのあのいえ
それぞれのぬくもりをもとめては
ひとつだけのいのちつないでく

足元あしもとれるはなのように したたかになれたら
きみをためらうこともなく いてあるけるのに

ぼくらが見逃みのがした世界せかいはもう二度にど
おなかたちあらわれてくれないから
なやむことくらい 何度なんどもあるさ
理想りそうつかれたら しずかにくずせばいいよ

星空ほしぞらうるさかがやいて きみこえひび
かなしみも くるしみも いたみもわすりたいよ」と

ぼくらが見上みあげてる 世界せかいはいつの
はかなえてしまうかもしれないけど
ここで今立いまたどまうでばして
二人ふたりつかむのはたしかなものだから
うれしいこともかならずあるさ
なにもいらないから やさしく微笑ほほえんでくれ
うつむくそのかおを ゆっくりげてみてくれ
そこにひろがるのは 素晴すばらしい世界せかいなんだ