「街灯」の歌詞 suzumoku

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
「もしもさ、明日全あしたすべてがほろびるならどうしようか?」
夕日ゆうひあるきながら ふときみける
「いきなりどうしたの?」と おどけてわらってみても
真面目まじめなその横顔よこがおぼくすこまる

みといそのときまで 二人生ふたりいきれるのなら

せま最期さいごが どれほどくらくとも
街灯がいとうひとつ またひとともされる日常にちじょうねがうだけ

わたしは、美味おいしいものをおなかいっぱいべたい」と
真面目まじめなその横顔よこがおきみはぽつりとこぼした

都合つごうことだけを 世界せかいのぞむのなら

とおくの国々くにぐにたたかまずとも
ほしひとつ またひとえてしまわないようねがうだけ

よるるまでに つかれてしまうまでに
つたえたいことが たとえとどかなくとも

って「おやすみ、ゆめでまたいましょう」
そんな言葉ことばわすだけで ぼくしあわせだから
どこかの救世主きゅうせいしゅなにすくおうとも
きみひとつ またひと笑顔えがおになれるのなら
せま最期さいごが どれほどくらくとも
街灯がいとうひとつ またひとともされる日常にちじょうねがうだけ