「衣替え」の歌詞 suzumoku

2011/7/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
アパートから30秒さんじゅうびょう自動販売機じどうはんばいき
あったかい缶珈琲かんコーヒーが ついにならした
こんなこと季節きせつ衣替ころもがえをしたら
着膨きぶくれたきみ姿すがたおもしてニヤけた

つくりかけのうた それは夏模様なつもよう
はしゃいでた言葉達ことばたちも さすがにつかれてる

片付かたづけたいかんがごとは いくつもかぶけど
きみつなぎたくて えきへとかうのです

はなけた金木犀きんもくせい かぜけるかお
白髪はくはつ老夫婦ろうふうふしずかに見上みあげてる
そんなこと自分じぶんり ぼんやりしていたら
あやうく電信柱でんしんばしらに ぶつかりそうになった

はじめたそら 茜色あかねいろまち
たむろする女子高生じょしこうせいが 「ちょーきれい!」とさけ

つないだつめたいと いけないだろうから
こっそりとポケットに 両手りょうてをしまうのです

にぎわう改札かいさつ つけた一人ひとり
してあげましょう ちいさなぬくもりを

つながれた二人ふたり意外いがい温度差おんどさ
「もしかしてしょうなの?」と われてしまうのです
まだまだ力不足ちからぶそくひそかにおもうのです
ホッカイロをわなくてはと ずるがしこいのです