「適当に透明な世界」の歌詞 suzumoku

2011/7/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのうコンビニでった透明とうめいかさのこわずかな小銭こぜにきみれて
憂鬱ゆううつつつまれた普通列車ふつうれっしゃられ 二人ふたりともらないえきりてみたのさ

不意ふいながれたきみ透明とうめいなみだ それをつめていたぼくはとても冷静れいせい
きみちいさなハンカチでそれをぬぐうと 屈託くったくのない笑顔えがおせようとしたのさ

うみちかい」とはしゃいで 適当てきとうあるほどなくしてこえた心地ここちよいおと
ふらふらぎる時間じかんが ひたすらいとおしくて ぼくらはただ...

消波しょうはブロックのまえ透明とうめい二人ふたり つめたくなったかぜかれながら
くだらないはなしばかりをわしたけれど きみ不意打ふいうちななみだ相変あいかわらずで

ちたひろうみ透明とうめい綺麗きれい とおくにれる夜景やけいもとても綺麗きれい
猫背ねこぜのままの二人ふたりいまにもえそうで ほおさす潮騒しおさいたしかめたのさ

かげをなくしたままで適当てきとううたかえみちひびいた心地ここちよいおと
リズムをきざ時間じかんがひたすらいとおしくて ぼくらはただ...

つまづきながらそれでも適当てきとうわらかえみちなんかなくなりゃいいのに
たしかにある存在そんざいがひたすらいとおしくて ぼくらはただ ただ ただしあわせで
あまりにもうつくしくて適当てきとうよるが いつまでもつづけとねがいながらも
やがておとずれる明日あすこころのどこかで ぼくはただ...きみもただ...

昨日きのうコンビにでった透明とうめいかさきみ見送みおくったぼく不意ふいいたのさ
このことをとにかくわすれたくなくて きながらこのうたつくってみたのさ
適当てきとう透明とうめい世界せかいなかで...