「バク」の歌詞 tacica

2008/10/1 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
りないがのううそ
勿体無もったいないからってこう
そのんだモノだけで
いま 生命体せいめいたいつづいていく

後天性こうてんせいわるくせ
まず間違まちがいないとはっておこう
先天性せんてんせい使命しめい
いま 想定外そうていがいまよっていく

ほう
無我夢中むがむちゅうになったら
いつのにこんなにホラをいているかた
めたってうのに
きっとった恐怖きょうふ
ける手段しゅだん 夜間飛行やかんひこう
「ただいま。」弱音染よわねしんだベッド

さらせないからかくそうとして
よる何度なんどんできた
キミあてつづられたシナリオもやぶいててる
ころばないようあるこうとして
傷一きずひといままのカラダ
ひらけないからざそうとしたココロ
鍵一かぎひとけられないのにさ

りないなぁのううそ
だから丁寧ていねいそそいでしい
永遠用えいえんよう方法ほうほう
いま 生命体せいめいたいさぐっていく

ほう
利口りこうなフォームは
いつのにこんなにしたいてるばかりで
ちのめされちゃって
はなされたって ほらかまわないのは
めない時間飛行じかんひこう
「おかえり。」弱音持よわねもかえった迷子まいご

いつかだれかのためとして
よる何度なんどらそうとした
キミだけにながせる そのなみだかわいてしまう
まもれないならこわそうとして
まらないのカラのままで
ぼくりないモノはあたまなか
つくられるからなんて威張いばるなよ

要領良ようりょうよくをうたっている
彼等かれらがやって邪魔じゃまをするけど
「オレの夕食ゆうしょくだ。すな!」
だから当然僕とうせんぼくおこっている
おこれているつもりでいる
どうだろう?

よくってぎたみたいだ
かなわないほど えが世界せかい
キミのつくられたシナリオをやぶいててる
似合にあわなくともきようとして
つかえなきやキミのままで
よるほうってげる
「さよなら。」弱音分よわねわったぼくだけのにわ

もうめたんだのううそ
でもすこくらいならってこう