1. 烏兎歌詞

「烏兎」の歌詞 tacica

2015/5/27 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんでも自分じぶんじゃないようあさかぞえて
おものこらないようよるかぞえる

今以上いまいじょうあいことかえしで
あのころかったなんてわらうけど

ここがどこかからぬまま
いつかいたこころれるおと
いろんなぼくわすれるから
きみことわすれるから

こばんでもしずんだ太陽たいようかげまでえる
うらんでは自分じぶんじゃられないからひかりもとめる

いまをもっとあいせるのぞんで
あのころもどりたいとくのでしょう

また 自分じぶんはなせるなら
いつかったこころもど場所ばしょ
そこにきみわすれたから
宝物たからものかくしたまま

いまをもっとあいせるまで
かって
あのころおなようわらうでしょう

ここがどこかからぬまま
不思議ふしぎだってなみだかわくもの
いろんなモノをくしたまま
宝物たからものかくしたまま
ながあめつよかぜ
わる今日きょうひかりをくれるでしょう
いろんなきみわすれながら
いろんなぼくわすれながら