「蜜蜂の毛布」の歌詞 tacica

2009/5/13 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
あのべつのコードがいた部屋へや
ひとりでに今日きょうをリタイヤ
あおけになってながしたのが
うつせになってかくしたモノ

あたらしくなった2階にかい部屋へや
キミらしくないって
なか景色けしきがないのなら
窓際まどぎわ毛布もうふって

もしも今夜こんや
世界旅行せかいりょこうわること かっても

キミがねむ場所ばしょ
このまち一番綺麗いちばんきれい場所ばしょであろう
やがて そんな本当ほんとう
見失みうしなってしまうだろうか

めずらしくぼく使つかかた
このはり便利べんりにしたって
これだけの景色けしきがあったなら
がた恐怖きょうふはない

ではこうがわ
予報よほうにもないことかるかな

ぼくねむるまでのこの場所ばしょ
一番綺麗いちばんきれいなままの理由りゆう
やがて そんな本当ほんとう
わすってしまうだろうか

みつうからまよえる君達きみたち
おびえる日々ひび魔物まもの
ろした凶器きょうき
なみだんだ途端とたんえるのかな

1人ひとり ねむろうとして
ねむらないかい?」
「いや、ねむりたいんだ。」

1人ひとり ねむろうとして
わすれないかい?」
「いや、わすれないんだ。」

おどれないこと
える世界せかい
そのオレンジの

キミがねむ場所ばしょ
このまち一番綺麗いちばんきれいなままであろう
やぶれそうな毛布もうふ
ふるえるりょう比例ひれいしてみたいんだ

みつうからまよえる僕達ぼくたち
おびえる日々ひび魔物まもの
キミがきらいなおおくも
いつもにんだ途端とたんえるさ

ねむろうとして