1. 馬鹿歌詞

「馬鹿」の歌詞 tacica

2010/4/7 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
えらべるほど 手段しゅだんはないのに
なやいたようふく
その卑怯ひきょうになった眼差まなざしを
見損みそこなえたなら はり

うばいの再開さいかい
こり問題もんだい
これ以上纏いじょうまとってもおんなじさ

体中からだじゅういたり わらったり
はらがもうないのは
体中からだじゅう今日きょうまで使つかったのを
たたえるがもうないから

おそおお真実ほんとう
まど後悔こうかい
これ以上纏いじょうまとってもおんなじさ
そうおもうだろう?

もどりたい場所ばしょは もうちが太陽たいよう
もうとしたぼくゆるしはしないよ
うつくしいのは自分じぶんじゃないから
こころがまた昨日きのうさがまえ

まよえるほど 時間じかんもないのに
ゆずれないモノで出来でき歴史とき
かりのともったまち
おもったりょうたしかめる

のこるべき存在そんざい
ける本能ほんのう
これ以上纏いじょうまとってもおんなじさ
そうおもうだろう?

くらい おもちがいがあったって
ながあかくて
それだけをって
かうなら まっても
こともない場所ばしょ
無事ぶじかえれそうさ

演奏えんそうわったら
何処どこ辿たどくかからない
演奏えんそうわったら
何処どこ辿たどくかからない
演奏えんそうわっても
僕達ぼくたち音色ねいろわらない
演奏えんそうわっても
僕達ぼくたち音色ねいろわらないから

馬鹿ばかみたいな今日きょう大事だいじだったり
また性懲しょうこりもなくアナタにいたかったり
そのほとんどをわすれたくても
いのちかたちぼくにだってあった証明あかしだろう