1. 黄色いカラス歌詞

「黄色いカラス」の歌詞 tacica

2008/10/1 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
もと辿たどればぼく全部ぜんぶ
かえさなきゃ意味いみはなくて
千年経せんねんたってたってきっと
らないことは多過おおすぎるぜ

えごっこたのしんで
気付きづけばいろ何処どこだっけ
水溜みずたまりにうつった姿すがたから
はなれた居場所いばしょ

理解不能りかいふのう愉快ゆかいなドラマ
はたかられりゃわらえるけど
主演担しゅえんになった自分じぶんのドラマとなると
いまだモノクロなの

電線でんせんからの景色けしき
ぼくまち風吸かぜすんだ
十数年間じゅうすうねんかん まちぼく
不安ふあんよわさをんでくれた

でもげたくて
べるから。」とって
あま自由じゆう

これとって大切たいせつなモノなんていから
孤独こどくだってことにすら気付きづけないのかな
そらいてもっと上手じょうずおよぎたい。」とか
利口りこうじゃないからしずんだこえだけをらして

いま 世界せかいわるのなら
ってました。」とえるとき
かぎってわりはないってのも
もう十二分解じゅうにぶんわかってるから

でもたしかに無限むげんじゃなくて
そうたしかにわってみせる
見慣みなれた街並まちなみもいつか
まれるまえぼくかえとき

かすんでいく全部ぜんぶにこううんだ
えたっておぼえてる。何時いつだって。」

ぼくにとって だれによって
大切たいせつなモノとはなんだろうか
ぼくによって だれにとって
大切たいせつなモノなどるだろうか
ぼくにだって だれにだって
大切たいせつなのはさかなったモノばかりをもとめるため?
それだけじゃないってこと

とも街角まちかどのライト今日きょういてるよ
かざ羽根はねおおきく黄色きいろいマントみたいに
それをってきっと上手じょうずおよぎたいから
まど理由りゆうもないのさ
もらったこえだけをらしても