「鼈甲の手」の歌詞 tacica

2009/5/13 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
見付みつからない遠吠とおぼえと
はらなかわらえば
いま 着替きがえてみても
まだかえってない

たりまえのこれた
もう見馴みなれた容姿かたち
いま 着替きがえてみても
まだむかえはない

一握ひとにぎ
さぁ おも
ぼくにとっていん
だれかにとってはよう

心甲羅こころこうらなにとおさないけど
本当ほんとなにとおさないから
はもうほどいたほうらくなんて
だれめたの?

いつもぼくきな
いつかぼくきらいになる
では もうほどいたほうらくなんて
ぼくめたの

この身振みぶりと手振てぶりじゃ
かたれないからぼくため
着替きがえてみても
また かえってない

一頻ひとしき
さぁ これだけ
ぼくいたりょう
だれかにとってのよう

一体いったい どこにかえばいんだろう…

心甲羅こころこうらなにとおさなくても
本当ほんとなにとおさなくても
今日きょうれた今日きょうぼくなんだと
ぼくめたよ

いつもキミをきな
いつかキミをきらいになる
では もうほどいたほうらくなんて
だれめても