1. Silent Frog歌詞

「Silent Frog」の歌詞 tacica

2008/10/1 リリース
作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのう何処どこなにをしたのだろう
おもせない今日きょう素敵すてき
なつわりが似合にあいのおおくも
かわかされる日々ひびあめっている

だからわらわないぼくまらないだろう
でもまだあさるさ
予定通よていどおりからあるすなら

だれかのわりになってねがっても
ぐに気付きづかれてしまうよう自分じぶん
歴史れきしなかころんだ証拠しょうこ
はなせないことってもいだろう

ぼくつぎからつぎかんがくのさ
あたまはたったひとつでも
奇跡きせきなんてモノ何時いつになってもないと
わかったから

コンクリートのいき 三角さんかくほし
いつかぼくふさいだ
くちみみをその全部ぜんぶ
かないことって

どれくらいなみだとか感覚かんかく
きてえたひかりまぶしいいとしい
でもつぎおぼえるためわすれて

覚悟かくごいたみにってくれるなら
しばらくルールなんてくてもいから
キミのかたち何歳いくつになっても
かなわないモノがってもいだろう

キミがのぞまないこと
ひとのぞむけどわらえないなら間違まちがいだよ
もどりたいときもどれない場所ばしょ
いま わかったから

みずんだ街路樹がいろじゅ正直しょうじきなだけ
いつかぼくだました
やみうそがまたえないほど
くらくなるとって

ほどけない坂道さかみち 幸福こうふくまち
いつかぼくのこした
足跡あしあとゆめけも
上手じょうずまもっておいて

此処ここ何度目なんどめあめ
何度なんどでもぼくにだってくれるみたいで
まぶしいいとしいことその全部ぜんぶ
わすれるたびおぼえる