「ザクロ型の憂鬱」の歌詞 the GazettE

2006/5/3 リリース
作詞
流鬼.
作曲
大日本異端芸者の皆様
文字サイズ
よみがな
hidden
いていてんだら 笑顔えがおのままでいよう
いていて笑顔えがおくれたら ぼくそばにずっと

窓辺まどべから朝日あさひがいつもとちがえた
おもいのは さきえたからだろう
花瓶かびんれる見舞みまいのはなれるころ
きみのこすべてをてて何処どことおくへ
きみはいつもはげますようにふざけてみて
あかるくせっ自分じぶんことよりもぼくを・・・
つらいでしょ?こんな姿すがたてるのは
つかれたと素直すなおえばいいのに
きみいや顔一かおひとつせずただやさしくて
ぼくきしめていてくれた

きたいよ、にたくない おも度涙たびなみだこぼ
きたいよ、きみため何一なにひとつしてあげれてない

しばらくてしまってたようだ
となりにはきみかおりだけがのこってて
なんだか胸騒むなさわぎがしてたんだ
不安ふあんがこみげる
そしてかえぼくとどいた
一枚いちまいのメモはきみからで
しるされてた事実じじつ言葉無ことばなくし
こわれたようさけんだ

memo
ごめんなさい
勝手かってことして
ただ貴方あなたたすけてあげたかったの
貴方あなたためねるのなら
それがあたしの幸福こうふくなの・・・

ぼくなかきみはいつも見守みまもってれてるんだね
じてきみおもえば笑顔えがおだってわすれないよね
これからもずっとおな景色けしき見続みつづけてきてこう
窓辺まどべから朝日あさひ潮風かぜかれねむろう
もしも二人ふたり目覚めざめなくても