1. 東京心中歌詞

「東京心中」の歌詞 the GazettE

2006/5/3 リリース
作詞
流鬼.
作曲
大日本異端芸者の皆様
文字サイズ
よみがな
hidden
とうさん、かあさん。わたし、あのひと東京とうきょうらすことにしました。
馬鹿ばかことだとは十分解じゅうぶんわかってます。
わたしだってもう子供こどもじゃありません。自分じぶんかんがえれます。
ごめんなさい。最後さいごのわがままゆるしてください・・・」

あいするひといまわたしすべてです
貴方あなたがいるからわたしわたしでいられるの
あの日貴方ひあなたからわたされた東京行とうきょういきの切符きっぷ
けてくれた、将来しょうらいゆめ
「このまち東京とうきょう一緒いっしょらしてくれないか?」
わたしすこ戸惑とまどいながらもうれしかった
不安ふあんなんてすこしもなかった あいするひと一緒いっしょですから
つらときさびしいとき多少たしょうあるでしょうが
たよ家族かぞくててきました 馬鹿ばかあまえや未練みれん全部ぜんぶ
貴方あなたとのあたらしい人生じんせいゆめため
まずしさがわたる だけど貴方あなたるから
かえりを時間じかんさえもしあわせであふれてる
こころめてつくった貴方あなたきな料理りょうり
よろこかおはやたい・・・ たいです

東京とうきょう生活せいかつにもれてきました。
あのひと毎日夜遅まいにちよるおそくまでお仕事しごとがんばってます。
そのせいでしょうか、最近元気さいきんげんきようおもえます。
わたしいても、ただくたびれた笑顔えがおせるだけで
こたえてくれません。心配しんぱい仕方しかたないです。」

「ただいま。」

とてもやさしい貴方あなたこえ
つらときはいつも二人ふたりささった
どんなに不幸ふこうでも二人ふたりなら大丈夫だいじょうぶだった
あいめたわけじゃない ただおたがいの気持きもちが
そっぽをいてただけ
はじめて貴方あなたいてた 社会しゃかいやぶれたよる
なんこえをかけたらいいか、、、 おしえて
ゆめためくしたしあわせな家庭かてい
まえけずただくやしくていている
まずしさがみる 二人ふたりって
季節きせつはずれの線香花火せんこうはなびつめてる
この火種ひだねちて 未練みれんくなったら
じて極寒ごっかんうみへ、、、 二人ふたりで。
つないだがほどけて になるわたし貴方あなた

貴方あなたごした十三ヶ月間じゅうさんかげつかん本当ほんとう色々いろいろありましたね。
一緒いっしょたからよくわかります。頑張がんばぎてつかれたでしょ?
もう大丈夫だいじょうぶ わたしずっと一緒いっしょにいるから。ごめんねとうさん、かあさん。
あたしこの人無ひとなしじゃきてけない。心配しんぱいさせてごめんなさい。
ごめんなさい。ごめんなさい・・・」